• 自営業&フリーランスの方へ

    あなたは、いざ!というとき

    相談できる弁護士はいますか?

    自営業法律相談無料

自営業と、会社員として雇用されているは、リスクえるうえで、きく状況なります。

自営業

自営業はどんな保険に入ればいい?

こんにちは。
プリベント少額短期保険株式会社代理店の株式会社Idea(イデア)です。

保険は、大きく「年金」「医療」「介護」「労働」に分かれています。
自営業の方は公的保険の遺族年金の額が少ないぶん、死亡保障は厚めにしておかれたほうがいいでしょう。 また、死なないまでも重度の障害を負って働けなくなってしまった場合に備え、医療費で貯蓄が削られないよう医療保険に入っていたり、所得補償保険を準備したりといった対策も検討しておくべきでしょう。 保険はリスクに備えるためのもの。会社員よりもリスクの高い自営業者にこそ、保険の役割は大きいです。

万が一のリスクに備える保険も必要ですが、毎日の業務を円滑に行うための心強いミカタ、弁護士保険を今日は紹介いたします。

自営業

とにかく相談したいんです。

我々も自営業ですので自営業者のあなたの大変さがわかるつもりです。
次から次へといろんな課題が出てきます。
大企業の経営者の場合は、悩みがあっても、相談役や顧問がたくさん会社の中にいると思いますし、社外取締役や顧問弁護士など社外にも相談できる人は多いことでしょう。しかし、自営業、フリーランスは、いったい誰に悩みを相談すればいいのでしょうか? たった1人で経営の責任を一身に背負い、一人で悩みを解決するのには、物凄いエネルギーと時間が必要です。

連帯保証人を頼まれた
知人や親族から融資の連帯保証人を頼まれることもあるでしょう。しかし、どれだけ信頼できる人でも、お金に窮してくると全く別人となってしまうのが現実です。
顧客からのクレーム処理
お客様からクレームがあれば、自分ですべて処理しなくてはなりません。
内容証明が送られて来た
ある日突然、内容証明郵便が送られて来た。どうしたらいいの?
税金が複雑で困る
自営業者は、1年間に得た所得を計算して申告しなければなりませんが、できれば節税したいものです。
プライベートな時間がほとんどない
仕事に追われてばかりで、休日も休めず、心身ともに疲れていませんか?
自営業

時には、弁護士に相談したいこともあることでしょう。
そんなとき、私なら、弁護士保険ミカタを使って直接弁護士に相談します。

顧問弁護士契約ではなく、弁護士保険Mikata という保険があるのを、あなたはご存知ですか?

自営業

次の表をご覧下さい。

※事業上の法律トラブルは、法人(株式会社等)の代表者の場合、その法人に関するトラブルについては保険金のお支払い対象にはなりませんのでご注意願います。

自営業

それではひとつづつ見てみましょう。

まずは月々の費用です。
一般的な顧問弁護士契約は毎月54,000円〜ぐらいが相場です。
大体、3時間ぐらいの法律相談を含んでいる場合が多いようです。
月々3万円台の顧問弁護士契約もありますが、相談時間が短かったりするようです。
最安値が売りの法律事務所さんは毎月3,980円。
弁護士保険Mikataは毎月2,980円。

弁護士保険Mikata に加入していれば、法律相談に関しては事業で発生したトラブルでも保険金で年間10万円まで相談できます。
(非事業でのトラブルももちろんOKです)

電話法律相談については、『原則なし』ですが、弁護士保険Mikata は、弁護士と直接話せるサービス『弁護士直通ダイヤル』がついています。
日弁連との提携により弁護士保険Mikataの加入者は電話で直接弁護士と無料※1で初期相談※2が出来ます。
※1通話料金は御利用者のご負担となります。
※2初期相談では、一般的な法制度上の助言や、事案が法律問題にあたるか否かの判断が得られます。

また、弁護士に事務処理の委任をおこなうときは、事業でのトラブルは対象外ですが、非事業でのトラブルは年間300万円まで保険が適用されます。

自営業

もしも、法的トラブルに遭遇したら弁護士保険Mikataを使います。

顧問弁護士契約ではないので、毎回決まった弁護士事務所ではありませんが、実はこれが意外なメリットがあります。

意外なメリットとは、弁護士保険Mikataはその都度弁護士を選択できるので、相談や依頼する案件により得意不得意な弁護士を使い分けることができます。
これが、顧問契約をしていると毎回同じ弁護士事務所で不得意な案件だと心細くなってしまいます。顧問弁護士と契約していると、どのような案件でもいつも同じ弁護士ですが、弁護士保険Mikataだと弁護士の選択がその都度できるので、案件により、そのタイプの案件が得意な弁護士を選択することができます。

自営業

さらに、この保険にはとても心強味方用意されています。
24時間悩みごと相談ダイヤルです。
保険に加入していれば、社労士、税理士への相談も無料で出来ます。
税理士や社労士と24時間いつでも相談できます。
法律相談以外の悩みごとを各種の専門家が答えてくれます。
税金のことを弁護士さんへは相談できません。
あなただけではなく、ご家族の方もご利用いただけます。

また、24時間悩みごと相談ダイヤルの使い方として、顧客から様々な相談をされることがあると思いますが、経験値やうろ覚えの知識で答えるのは危険です。
もしもその答えが間違っていたとしたら、あなたは責任が取れますか?
そんな時は24時間悩みごと相談ダイヤルに電話して、確かな答えを受取ってから、顧客へ返事してあげましょう。
そうすることで顧客からの信頼も厚いものになることでしょう。

自営業

税金対策

帳簿の仕訳の勘定科目は借方の『保険料(支払保険料)』で、支払った全額が費用として必要経費扱いでき、節税になります。
なお、顧問弁護士への報酬の勘定科目は『支払手数料』(費用)になりますが、源泉徴収をして税務署に納めなければいけません。

自営業

本当に必要なの?

しかし、本当にこの保険は必要なのでしょうか?
弁護士に頼るようなトラブルに巻き込まれる心配は無いと、お考えのあなたに悲しい現実をお伝えしなければなりません。
法的トラブルの発生件数は、決して『対岸の火事』ではない、ということです。

・法的トラブルの発生件数・・・2008年市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)の調査によると 年間 4,520,317件 の法的トラブルがあります。
法的トラブルとは、男女・離婚トラブル、相続・税金トラブル、労働トラブル、子供のいじめ、交通事故など、投資トラブル、ネットトラブル、美容医療トラブル、日常生活でのトラブルです。

・相続トラブルは3人に1人が経験・・・全国の家庭裁判所での相続関係の家事相談件数は 172,890件。これまでにご家族や親族の相続を経験した人の約30%が「争いやトラブルがあった」と回答(日経生活モニターより)

・職場でのトラブル・・・総合労働相談件数 1,109,454件 (厚生労働省平成23年度個別労働紛争解決制度施行状況より)パワハラ・セクハラ・不当解雇・契約違反など

あなたは 二割司法(にわりしほう)という言葉をご存知ですか?
二割司法とは、国民の2割ほどしか適切な司法サービスを受けられていない。

つまり、法律トラブルがに巻き込まれても弁護士を利用するということがなく
8割は泣き寝入りしている、という現実です。

自営業

なぜ、みんなは弁護士利用しないの?

日本で多くの人が弁護士を利用しない理由は次のようです。

弁護士は費用が高そう。
弁護士に法律の相談や、解決を依頼したら費用がいくらかかる?かわからないので、怖くて相談できない。
弁護士に関する情報がわからない。
弁護士に相談したいが、その弁護士に関する情報が無く、その弁護士がどんな人なのか?どんな事案が得意なのか?わからないので相談しづらい。
身近に弁護士がいない。
そもそも知り合いに弁護士がいないので、法律相談したくてもどうして良いのか分からない。
弁護士の話しは難しそう。
弁護士の話しは難しそうで、なんだか相談しているこちらが言い包(くる)められてしまいそうで怖くて相談できない。

弁護士は敷居が高いという、みなさんの思いを受けて、弁護士をもっと気軽に利用してもらいたい。という考えで 出来保険弁護士保険Mikata です。

自営業
 弁護士保険Mikata

本気で検討するときが来ました!

自営業

ミカタに入って得られるものは何ですか?

加入すると次の7つのことが得られます。

自営業
①弁護士直通ダイヤル
■電話で直接弁護士と無料※1で初期相談※2ができる日本初の『弁護士直通ダイヤル』
※1通話料金はご利用者のご負担となります。
※2初期相談では、一般的な法制度上の助言や、事案が法律問題にあたるか否かの判断が得られます。
自営業
②弁護士紹介サービス
日本弁護士連合会の弁護士紹介が無料で受けられる『弁護士紹介サービス』※3
※3弁護士紹介サービスは、保険金をお支払可能な事案に限ります。但し、その他の場合は弁護士会が提供する窓口をご案内いたします。
①②のサービスの利用方法ならびに詳細につきましては
こちら  新サービス弁護士直通ダイヤル・弁護士紹介サービス をご確認ください。
リーガルカード
自営業
③弁護士保険被保険者証
リーガルカード(弁護士保険被保険者証)は、 カードをお財布などに入れて常時携帯することで安心をもたらしてくれます。 リーガルカード(弁護士保険被保険者証)を提示することで無知につけこまれ被害にあうことの防止効果が期待できます。 カード裏面に『総合カスタマーセンター』と『なんでも悩みごと相談ダイヤル』の電話番号を記載。
弁護士保険加入ステッカー
自営業
④弁護士保険加入ステッカー
ご自宅に貼っていただける弁護士保険加入ステッカーをご用意しています。
悪質者による訪問からあなたを守ることが期待できます。
トラブルを予防する効果が期待できます。
玄関に貼ってトラブルを未然に防止に期待できます。
24時間悩みごとなんでも相談
自営業
⑤24時間悩みごとなんでも相談ダイヤル
今ご加入の方への特典付帯サービス。
※法律相談以外の全ての悩みごとに対応。
24時間何度ご利用されても無料
ご契約者さま・被保険者さま、さらには同居のご家族の方もご利用できる悩みごと相談ダイヤルです。
様々な分野に特化したプロのカウンセラーが対応いたします。
無料で相談できます。
電話の向こう側ではプロのカウンセラー、産業カウンセラー、看護師、精神保健福祉士、栄養士、警察OB等、また、高度な専門知識を要する要望にも、税理士、社労士などが待っていますので、健康相談・家庭問題・メンタルの悩みから人生相談まで、あらゆる問題解決の糸口にご利用ください。
法律相談料保険金
自営業
⑥法律相談料保険金
法律相談料保険金は、弁護士に法律相談をおこなうときの法律相談料を補償する。法律相談に要した法律相談料の実費相当額を補償します。
1年間の限度額を10万円までとし、30分あたり5,000円(外税)を限度。
弁護士費用等保険金
自営業
⑦弁護士費用等保険金
弁護士費用等保険金は、弁護士に事務処理の委任をおこなうときの弁護士費用等を補償します。
1事件300万円を限度とします。
■年間支払限度額は500万円。保険期間中(1年間)の法律相談料保険金と弁護士費用等保険金のすべての支払金額を合計した金額の限度額は500万円です。
■通算支払保険金限度額は1000万円。被保険者を同一とする過去および将来の法律相談料保険金と弁護士費用等保険金のすべての支払金額を合計した金額の限度額は1000万円です。
自営業

誰かに相談できる安心と喜び

加入者からの喜びの声

「事業に集中できる環境を手に入れる」

 自営業者の喜びの声1
 自営業者の喜びの声2

※全て個人の感想です。

自営業

弁護士保険に加入すると・・・

直通ダイヤルで弁護士と話せる。
リーガルカードを持てる。
トラブルの予防が期待できる。
法律以外の悩みを無料で相談。
年間10万円まで法律相談できる。
弁護士の紹介を受けれる。
着手金のリスクを減らせる。
泣き寝入りしない勇気が持てます。

・加入メリット①・・・予防法務の効果を期待することができます。
被保険者証(リーガルカード)を提示することで、無知につけこまれ被害にあうことの防止効果が期待できます。

・加入メリット②・・・被害や損害を未然に防ぐことに期待できる。
トラブルが発生した際、迅速に弁護士に相談することで、被害を未然に防いだり、損害を最小限にすることが期待できます。

・加入メリット③・・・着手金のリスクを減らすことができる。
弁護士に委任する際に発生する着手金は、委任した事件が失敗しても戻ってこない費用なので依頼者にとってリスクになりますが、Mikataなら着手金が保険金支払いの対象ですので安心です。

自営業

今までのあなたと比べてみてください。

自営業

「なぜ、いま入らないといけないのか?」

海外ではスタンダードな商品です。

海外事情

自営業
【海外での普及率をみると】
日本で”あたりまえ”になる のはそう時間がかかりそうもありません。
あなたの周りで加入していないのはあなただけっていうことになるかもしれません。
Aさん:「あなたは入った?」
Bさん:「もちろん、入ってるよ。」
自営業

引受会社プリベント少額短期保険株式会社について

【東北復興を願い本社を仙台へ】
プリベント
自営業
平成25年5月15日
●プリベントホールディングス株式会社が内閣総理大臣より少額短期保険持株会社の承認を受ける。
●プリベント少額短期保険株式会社が、東北財務局より少額短期保険第5号として登録される。
自営業

で、毎月の費用ですが・・・

自営業
 ミカタ
 月額保険料2,980円
自営業

「あの方達もオススメしてます」

2013年5月27日に開催いたしました開業記念セレモニー~もうひとつの安心「弁護士保険」~で、弁護士(丸山和也さん、大渕愛子さん、石渡真維さん)による対談が行われました。

【丸山先生からのコメント】
日本では弁護士を気軽に利用する意識がないんですね。
「訴えるぞ!」とか「裁判だ!」「弁護士がついてるぞ!」と言われると誰でも弱気になりますよね。 弁護士保険のMikataのポイントは、保険証や、玄関に貼れるステッカーを持てるようになるので、 これは物理的に効力を発揮する。
想像してみてください。「私、弁護士保険に入ってるんですよ。」
この一言はひじょ~~に強烈だと思いませんか?
僕はこれからの日本について、Mikataに加入している事が当然の世の中になってくると思うんです。
日本での法的トラブルは、数えきれないほどあります。 そんな時に、このサービスは強いミカタになると思うんですよね。
自営業
【弁護士費用保険Mikataへのご招待】
ここまでお読みいただき、大変ありがとうございます。
いかがですか?この商品に対する迷いは解けましたでしょうか?
ミカタは、転ばぬ先の杖です。
2014年10月の時点で、10000件以上のお申し込み実績のある商品です。
あなたからのお申し込みを私たちはお待ちしております。
自分 のため、会社 のため、そして 家族 のため、ご加入ください。

弁護士保険の申込みはインターネットでお申し込みいただけます。
3ステップでお申し込みが完了致します。

非対面WEBで申込をする

 使用可能クレジットカード
※『1日98円』とは、月額保険料2,980×12ヶ月(1年)の保険料を1年365日で割って算出
※お申込みに際して重要事項説明書(「契約概要」「注意喚起情報」「個人情報の取扱い」)のほか、「普通保険約款」「保険金および保険料に関するQ&A」を必ずご確認下さい。
※月額2,980円…更新後の保険料は、法律相談料保険金の支払い実績に応じて増加することがあります。
自営業

Q&A

Q: いつから保険は使えますか?
A:(※注意)ただし、待機期間があります。
責任開始日は、プリベント少額短期保険株式会社が保険契約の申込みを承諾した後、第1回保険料が払い込まれた日の属する月の翌月1日となります。同じ月に保険契約の申込みをいただいても、第1回保険料の払込方法によって、責任開始日が異なることがありますのでご注意ください。
Q: 待機期間とはなんですか?
A:待機期間とは、責任開始日から一定期間中、保険金をお支払いしない期間をいいます。この制度は、告知を補完するために設けた制度です。この保険の待機期間は3ヶ月です。責任開始日から3ヶ月以内に発生した法的トラブルは保険金お支払いの対象とはなりません。 ただし、急激かつ偶然な外来の事故による身体の傷害もしくは疾病または財物の損壊に関する法的トラブルには、待機期間の適用はありませんので、責任開始日以降に発生した交通事故などは保険お支払いの対象となります。
Q: 中途解約できますか?したら解約金はありますか?
A:解約はいつでもできます。しかし、解約金は期間にかかわらず発生いたしません。
Q: 保険を使いたい時はどうしたらいいの?
A:法的トラブルに直面したら、『保険ご利用相談ダイヤル』までご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-783-308
10時〜17時(土日祝12/31〜1/3除く)
Q: 支払方法は?
A:口座引き落とし、クレジットカードをご利用いただけます。
使用可能クレジットカード
自営業

追伸、
代理店 株式会社Idea からのご挨拶

自営業の方へ
自営業の方は、なにかと判断を迫られることがあると思います。
そんなとき、やはり誰かに相談できるということは心強いことですね。しかもそれが法律の専門家に相談できるとなると、尚更ではないでしょうか。
株式会社イデアでは、この弁護士保険を男女を問わず、より多くの自営業の方に加入していただき、『安心して事業に取り組んでただきたい』と願っています。
『弁護士を身近にする代理店』が我々の使命です。
弁護士をもっと身近な存在としてミカタに付けていただければ幸いです。
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
弁護士保険Mikataは、法律に詳しくない為に“弱い立場になってしまうことを防ぐ” ことが目的です。
法律の専門家『弁護士』を気軽に利用していただき、トラブルの早期対策・早期解決を行ってください。

あなたの事業に法律のミカタを。

非対面WEBで申込をする

 使用可能クレジットカード

代理店情報

株式会社Idea(イデア)
プリベント少額短期保険株式会社代理店
PV2014営推002201406
〒108-0075
東京都港区港南4丁目1-10-1102
株式会社IDEA(イデア)
電話:03-6451-4291
e-Mail:info@mikata.jp.net
URL:http://mikata.jp.net/

自営業

自営業の方への弁護士保険Mikataのご案内

自営業
自営業