■賃貸住宅の退居時の修繕費用の負担についてトラブルが多発しています。
法律は原則としてたたみ・ふすま・壁紙などの修繕は賃貸人にあるものとしています。これに反し退居時に賃借人の負担とし、敷金を公正に返還しないことが紛争の大きな原因となっています。
敷金について悩んでいませんか?
■例1、敷金から壁の修繕費用を差し引くと、家主に言われました。敷金とは何ですか?
【答】
賃料などの借家人(賃借人)の債務を担保するために、借家人から家主(賃貸人)に交付する金銭です。
・賃貸借が終了して借家人が家主に家を明け渡す時に、敷金から借家人の債務額を差し引き、残額が借家人に返還されます。
・敷金から差し引かれる債務には、たとえば、家を明け渡すときまでに支払っていない未払賃料、借家人が誤って壁を傷つけたり、窓ガラスを壊したりしたときなどの修繕費用があります。
・通常の使い方をして年月の経過により畳や建具が古くなった場合など、自然の劣化や通常の消耗については、敷金から差し引かれる債務には含まれません。
・家主は、未払家賃、借家人が保管義務に違反して毀損した場合の修繕費用、明け渡し費用等が発生する場合に備えて、借家人から一定程度の金銭を預かります。未払家賃や修繕費用等があれば、これらの債務の額を差し引いて、残額を借家人に返済することになります。
・借家人が誤って壁を傷つけたりしたときには、差し引かれる場合があります。
■例2、部屋を明渡すときの原状回復義務ってどんなもの?
【答】
賃借人が賃借物件から退去する時に、その物件を入居前と同じ状態にする義務です。
・原状回復義務については、「新品状態に戻すべき」という意味までは含まれていません。
・一般的には、「賃借人の居住・使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」といわれており、その費用は賃借人負担とされています。
・通常の経年変化や、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとして、賃借人が負担する必要はないと考えられています。
■敷金についてまだまだ聞きたいことがあるんだけど・・・。
・敷金って戻ってくるものじゃないの?
・家主が敷金をほとんど返してくれません。
・敷金の返還でトラブルになっています。
(一部法テラスより引用)
もしアナタが弁護士保険ミカタに入っていたら、まずは弁護士の相談しましょう。法律無料相談は年間で10万円分まで受けれます。
法的手続きを依頼した場合は、着手金の一部を保険金でまかなうことができます。
弁護士保険ミカタは月々2,980円です。
Web申込みはこちら
※『1日98円』とは、月額保険料2,980×12ヶ月(1年)の保険料を1年365日で割って算出
※お申込みに際して重要事項説明書(「契約概要」「注意喚起情報」「個人情報の取扱い」)のほか、「普通保険約款」「保険金および保険料に関するQ&A」を必ずご確認下さい。
※月額2,980円…更新後の保険料は、法律相談料保険金の支払い実績に応じて増加することがあります。
動画
動画でわかるMIKATA
弁護士費用保険『Mikata』商品説明

動画でわかるMIKATA
動画を見る

代理店情報

株式会社IDEA

プリベント少額短期保険株式会社代理店
PV2014営推002201406
〒108-0075
東京都港区港南4丁目1-10-1102
株式会社IDEA(イデア)
電話:03-6451-4291
e-Mail:info@mikata.jp.net
URL:http://mikata.jp.net/

メニュー